2005年09月12日

カーネルを物理メモリ上に常駐させる

カーネルは、デフォルトの設定では、物理メモリとハードディスク上のスワップ領域に分けて常駐されています。

これを、物理メモリだけに常駐させることによって、少しWindowsのパフォーマンスを向上させることができるはずです。

物理メモリが256MB以上のPCなら、絶対やってみるべきです!!


@レジストリエディタを起動します。

AHKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→Control→Session Manager→Memory Management
と展開していく。

BDisablePagingExecutiveキーを開いて、値のデータ1に変更します。

このキーがない場合は、右側の画面で右クリックして新規DWORD値としてDisablePagingExecutiveキーを作成しましょう。
posted by yu at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | チューニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6850775
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。