2005年08月14日

レジストリのバックアップ(XP編)

Windowsのチューニング・カスタマイズするときには、レジストリをいじる場合があります。

レジストリをいじるということは、Windowsが正常に動かなくなる危険があるということなので、バックアップしておきましょう。

@<スタート>→<ファイル名を指定して実行>で、半角で「ntbackup」と入力する。すると、「バックアップまたは復元ウィザード」いうのが開きます。そして、<次へ>をクリックします

A「何をしますか?」と聞かれるので、「ファイルと設定のバックアップを作成する」にチェックを入れて、<次へ>をクリック!

B「どの項目のバックアップを作成しますか?」と聞かれるので、「項目を指定する」にチェックをいれて、<次へ>をクリック!!!

C左の画面の<マイコンピュータ>のツリー構造を展開すると、<System State>というのがあります。そこにチェック!!他はチェックしなくていいです。そして、<次へ>!!

Dバックアップの保存場所を選択し、バックアップにつける名前を入力します。
保存場所は、Cドライブ以外が望ましいけれども、どこでもいいと思います(笑)

E次の画面にいくと、「バックアップの進行状況」というのがでてきて、バックアップが完了したようでしたら、<閉じる>をクリック。そして、完了します。


以上がレジストリのバックアップです。次回からは、レジストリをいじる、チューニング・カスタマイズを紹介していきます。
動作は、飛躍的に快適になるのですが、大事なとこを触るので、動かなくなるかもしれません。そのときは、僕は責任とれませんので。ご了承ください。

レジストリの改造は、十分に注意を払ってしてください。
posted by yu at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本事項
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5901559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。