2007年01月26日

[JavaScript][1日1スクリプト]ヘロンの公式を用いた三角形の面積

ヘロンの公式とは、3辺の長さがわかれば面積を求めることができるというもの。

説明は省略。

どんな公式なのかは以下のスクリプトを読んで理解してください。
function heron(a, b, c){
var s = (a + b + c) / 2;
return Math.sqrt(s*(s-a)*(s-b)*(s-c));
}


実行結果
js> heron(2, 3, 4);
2.9047375096555625


ちなみに, 3辺の長さが2, 3, 4の三角形の面積を計算すると
3(ルート15)/4なんですが、これの値は、
js> 3 * Math.sqrt(15) / 4
2.904737509655563


似たような値がでたので、たぶんスクリプトはあってると思う。
posted by yu at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32156456
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。