2007年01月02日

[Gentoo] サウンドデバイスを有効にする

新年早々、テレビばっかり見たり、こたつに入りながらみかんを食べまくったりと、「このままではよくない!」と思ったのでX40のサウンドデバイスを使えるようにした。

Gentoo Linux ALSAガイドを参考にしました。

とりあえず、以下の手順でやってみた。
1. サウンドカードの詳細を調べる
2. カーネルいじり
3. ALSAの設定

詳細はこんな感じ。
1. サウンドカードの詳細を調べる
たぶん、サウンドカードはPCIデバイスなので、
# lspci -v | grep audio
とすると、どんなサウンドカードかを調べることができる。

ちなみに、X40で実行した結果はこんな感じ
# lspci -v | grep audio   
00:1f.5 Multimedia audio controller: Intel Corporation 82801DB/DBL/DBM (ICH4/ICH4-L/ICH4-M)
AC'97 Audio Controller (rev 01)

Intelのものということがわかった。


2. カーネルいじり
サウンドカードが何かわかったので、いよいよカーネルをいじり始める。
/usr/src/linuxに移動し、
# make menuconfig
と実行。

そして、ガイドみながら、ちょろちょろとチェックをいれていく。

X40の場合、Intelのカードだったので、PCIデバイスのところはIntelのにチェックを入れる。

で、コンフィグが終われば、
# make
として、カーネルをコンパイルする。


3. ALSAの設定
ALSAの設定を簡単に行うalsaconfというのがあるので、それで簡単に設定。
# alsaconf

そして、ALSAをdefaultランレベルに追加
# rc-update add alsasound default

最後に、ユーザをaudioグループに追加
# gpasswd -a [user] audio


これらを全て行って、再起動したら音が出るようになった!

タグ:Gentoo
posted by yu at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | X40/Linux計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。