2006年12月17日

[Gentoo] emerge "=sun-jdk-1.6*"

testingにSun Javaの6.0らしきものがあったので、インストールしてみた

#emerge "=sun-jdk-1.6*"


そして、パスやJAVA_HOMEの設定をシェルのファイルに書いてやる。
#
# Sun JDK 1.6
#
JDK_HOME=/usr/lib/jvm/sun-jdk-1.6
JAVAC=/usr/lib/jvm/sun-jdk-1.6/bin/javac
PATH=/usr/lib/jvm/sun-jdk-1.6/bin:/usr/lib/jvm/sun-jdk-1.6/jre/bin:$PATH
MANPATH=$MANPATH:/usr/lib/jvm/sun-jdk-1.6/man
JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/sun-jdk-1.6


6.0からスクリプト言語が埋め込めるようになったらしいので、ためしにコードを書いてみる。
import javax.script.*;

public class Test{
public static void main(String args[])
{
ScriptEngineManager manager = new ScriptEngineManager();
ScriptEngine engine = manager.getEngineByName("js");

try{
engine.eval("print('Hello World!');");
}catch(Exception e){
e.printStackTrace();
}
}
}


これを実行すると、ちゃんとHello World!と表示された!

Java 6.0すごいぞ。

タグ:Gentoo java
posted by yu at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | X40/Linux計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。