2006年09月18日

[Rails]かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発(7日目)

7日目は、外部Webサーバーと連携する -Yahoo!の検索サービスを利用して画像を取り込んでみよう-

Yahoo!の検索Webサービスを利用してみる。

開発手順は、
  1. Yahoo!デベロッパーネットワークに参加し、アプリケーションIDを登録

  2. プロジェクトの作成

  3. Yahoo!検索サービスのクライアントプログラムの作成

  4. environment.rbにアプリケーションIDを登録

  5. ビューの修正

  6. コントローラの修正

  7. パーシャルrhtmlを作成

  8. 画像の表示に効果をつける

  9. アプリケーション起動


Yahoo!デベロッパーネットワークに参加し、アプリケーションIDを登録
まず、Yahoo! JAPAN IDを取得。
次に、ログインして、Yahoo!デベロッパーネットワークへ進む。
そこで、アプリケーションIDの登録を行う。IDは確認できるので、適当に40字以内でぐちゃぐちゃに打つのがいいらしい。


プロジェクトの作成
6日目のやつをコピー。


Yahoo!検索サービスのクライアントプログラムの作成
lib/下に、ファイルを作成。yahoo_search.rbとかいう名前にしておく。


environment.rbにアプリケーションIDを登録
config/environment.rbに、以下の3行を追加。
module Yahoo
APPID = 'アプリケーションID'
end


ビューの修正
Ajaxを利用して、画像を表示できるように、show.rhtmlを修正
link_to_remoteメソッドを使って、リクエストをする


コントローラの修正
コントローラに、さっきつくったyahoo_search.rbを読み込むように修正する。
require 'yahoo_search'
と先頭に書く。


パーシャルrhtmlを作成
関連画像表示用のパーシャルrhtmlを作成する。ここにはYahoo!Webサービスのクレジットを埋め込まなければならないため、文字コードをUTF-8にする。


画像の表示に効果をつける
image_tagメソッドに、:onmouseout:onmouseoverを追加。
:onmouseoutは、マウスがタグから外にでたときに
:onmouseoverは、マウスがタグの内側にはいったときに


アプリケーション起動
WEBrickを起動し、動作の確認を行う。
タグ:ruby Rails
posted by yu at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23970028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。