2006年09月16日

[JavaScript]prototype.js(ver1.4.0)を読む - $()

$()を読んでみる。
function $() {
var elements = new Array();

for (var i = 0; i < arguments.length; i++) {
var element = arguments[i];
if (typeof element == 'string')
element = document.getElementById(element);

if (arguments.length == 1)
return element;

elements.push(element);
}

return elements;
}


処理の内容は見たまんま。

argumentsは関数の引数。
たとえば、
function a(){
for(i=0; i<arguments.length; i++){
alert(arguments[i]);
}
}

a("a","b","c");
なんてことをすると、a, b, cと順番にalertで表示される。

typeof演算子は、変数に入っているデータの型を調べるのに用いたりする。この場合、elementの型が'string'(文字列)やったら...って意味。

push配列末尾に要素を追加する。逆に配列末尾の要素をゲットするのがpop

以上で、$()は終了。

posted by yu at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。