2006年09月13日

[Rails]かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発(2日目)

2日目は、データベースを利用する -イエローページを作ってみよう-
ってことで、Railsでデータベースの使い方を学んだ。

以下の開発手順で行った。
  1. プロジェクトの作成
  2. データベースとユーザを作る(Rake)
  3. テーブルを作る(migration)
  4. アプリケーションを作る

プロジェクトの作成
プロジェクトを作成し、文字コードの設定をする。

データベースとユーザを作る(Rake)
  • データベース作成タスクの実装

  • lib/tasks/下にdb_setup.rakeというファイルを作成し、ビルドファイルを作成。
  • Rakeの実行
  • >rake [environment 変数名=値] タスク名


テーブルを作る(migration)
  • migrationの作成
  • >ruby script\generate migration ファイル名
  • テーブル作成プログラムの実装

  • db/migrate下に作成されたファイルをいじる。
  • database.ymlの設定

  • config/database.ymlをいじる。
  • migrationの実行
  • >rake migrate


アプリケーションを作る
  • scaffoldする
  • ruby script\generate scaffold モデル名 [コントローラ名]
    いろいろいじる
    scaffoldして作成された、コントローラ、モデル、ビューをいじる。
タグ:ruby Rails
posted by yu at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。