2006年09月12日

[Rails]かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発(1日目)

1日目は、はじめてのRails -あいさつを返すアプリケーションを作ってみよう-

こんな感じの開発手順
  1. コントローラとビューの作成
  2. モデルの作成
  3. コントローラをいじる
  4. ビューをいじる
  5. 文字コードの設定
  6. Webブラウザでアクセス
  7. レイアウトとスタイルシートの作成
  8. ルートの設定


コントローラとビューの作成
ディレクトリを作ったプロジェクトに移して
> script\generate controller コントローラ名 アクション名 [アクション名...]


モデルの作成
app/models/下にファイルを作成する。


コントローラをいじる
コントローラの役割は
  • モデルを変更したり、モデルにデータを与えて処理させること
  • ビューへモデルを与えて出力データを作成させること

app/controllers/下にファイルが作成されている。やから、このへんのファイルをいじる。


ビューをいじる
ビューの役割は、モデルを出力形式に合わせること。HTMLとかXMLとか。
app/views/下にファイルが作成されている。ので、このへんのファイルをいじる。


文字コードの設定 ※絶対にやる!
UTF-8を使えるようにする。
config/environment.rbに以下を追記
$KCODE = 'u'
これでRubyが文字コードがUTF-8であると認識できるようになる。

次に、ブラウザがUTF-8だと認識できるようにするため、app/controllers/application.rbを変更。
before_filterに対して、
headers['Content-Type'] = "text/html; charset=utf-8"
と設定するメソッドを登録。


Webブラウザでアクセス
WEBrickを起動
ruby script\server


レイアウトとスタイルシートの作成
レイアウト用ファイルは、app/views/layouts下に作成。
スタイルシートの指定は、
<%= stylesheet_link_tag('スタイルシートの名前') %>

JavaScriptの指定は、
<%= javascript_include_tag('スクリプト名') %>

スタイルシートはpublic/stylesheets下に、JavaScriptはpublic/javascripts下に置く。


ルートの設定
config/routes.rbを変更する。


artonさん、コード解説とか書いててくれて、親切すぎ。わかりやすい!
これはいい本や。
タグ:ruby Rails
posted by yu at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23659211
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。