2006年06月19日

[Python]関数(任意引数リスト編)

前回は、キーワード引数について学びました。

今回は任意引数リストについて学びます。

もっとも使うことが少ないらしいので、さらっと行きましょう!

ドキュメント(tut.pdf)のP26です

ドキュメントの例を使って、C言語のfprintf()関数を作ってみたいと思います。

>>> def fprintf(file, format, *args):
file.write(format % args)


これでfprintf()が完成です。

では、早速使ってみましょう。

標準出力で出力したいと思います。
>>> import sys
>>> name = 'uch'
>>> fprintf(sys.stdout, 'Your name is %s.', name)
Your name is uch.


Cのfprintf()と同じような感じになりましたか?

できてたら、今日の勉強は終了です!

おつかれさまでした!
posted by yu at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。