2006年06月08日

USBメモリにいろんなソフトを入れてみた

先日購入した1GBのUSBメモリ(3480円)にいろいろなソフトを入れてみました。

レジストリの代わりにiniファイルを使う、もしくは、関連付けなどをしなければレジストリを使わないソフトをいろいろ探してきたつもりです。

nrLaunch
(ランチャ)
相対パスが使えるランチャソフトです。
URL: http://noraneco.pos.to/

Lunascape Pocket
(ブラウザ)
国産タブブラウザLunascapeのUSBメモリ専用版。
これさえあれば、どこでもタブブラウザ、どこにでもお気に入りを持ち歩ける。
URL: http://www.lunascape.jp/

Portable Miranda
(IM)
海外製(なので英語)
MSNのメッセンジャーなどのアカウントがつかえるIMソフト。
プロキシの設定などもできるので、プロキシの設定が必要な環境で使う人でも、ちゃんと使えます。(学校で確認済み)
URL: http://portableapps.com/apps/internet/chat/portable_miranda

WinSCP
(SCPクライアント)
SSHなので、超安心にサーバーとファイルのやり取り。
FFFTPのようなFTPのソフトもあるが、こちらのほうが見た目もかっこいいので・・・。
URL: http://www.tab2.jp/~winscp/

+Lhacaデラックス版
(圧縮・解凍)
圧縮・解凍としては非常に有名なソフト。
たぶん、関連付けしなければレジストリをつかわないので、いれてみました。
学校の圧縮・解凍ソフトが古くて使いにくいので、これでらくらく。
URL: http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/lhacadx.html

Tera Pad
(エディタ)
有名なエディタ。たぶん、レジストリつかっていない。
いろいろな言語に対応して色分けとかもしてくれる。
URL: http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/

Media Player Classic
(メディアプレーヤ)
コーデックいらずのメディアプレーヤ。
オプションで「設定をiniに保存」を選んでやれば、レジストリを使わないはず。
URL: http://edarapnug.hp.infoseek.co.jp/mpc_j/


で、僕はこれらのソフトを、Program FilesというフォルダをUSBメモリの中に作っていれました。

しかし、それだと、せっかくのランチャが呼び出しにくくなるので、RunLaunchというものをVBScriptで書きました。VBScriptなので、たぶん、どのWindows環境でも使えます。

ではでは、そのスクリプトを紹介します。

RunLaunch.vbs
Dim WSHShell
Set WSHShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
WSHShell.Run """.\Program Files\nrl2014r2\Nrl.exe"""

たったコレだけですが、これでも立派なスクリプトです。

ディレクトリ構造は、こんな感じです。
ルート
├RunLaunch.vbs
└Program Files
      └ 各種ソフト


これで、ランチャがすぐに起動できるようになりました。

あとはランチャに相対パスで各種ソフトを登録するだけです。

これでどこでも自分の環境を持ち運ぶことができます!

いぇい!!
posted by yu at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ELECOM デスクトップ用 184pin DDR400/PC32
Excerpt: PCの内蔵メモリーって、DDR−0000とかだったら、182Pinだったら、どれでも合うんですか?これから、増設しようと、思ってるのですが、詳しい方教えてください。(うちのパソコンには、DDR266 ..
Weblog: 洗顔のレス
Tracked: 2007-10-07 05:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。