2006年05月14日

[Python]制御構造(range()関数編)

前回はfor文をしました。

今回は、range()関数をします!
どんどん新しいことが出てきて楽しいです☆

ではでは早速やろう!!

ドキュメント(tut.pdf)の20ページです!

久しぶりに対話形式でやりましょう

>>> range(10)
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]
>>> range(5,10)
[5, 6, 7, 8, 9]
>>> range(0,10,3)
[0, 3, 6, 9]
>>> range(0,-10,-3)
[0, -3, -6, -9]

range()関数ってのは、なかなか便利な感じ。


>>> a = ['Mary', 'had', 'a', 'little', 'lamb']
>>> for i in range(len(a)):
            print i, a[i]


0 Mary
1 had
2 a
3 little
4 lamb

また出てきたな、len()
よく出てきよるなぁ・・・。

range()関数をこのようにfor文に組み込むと、添え字をiに入れてくれるのか・・・。なるほど・・・。

以上でrange()関数はしゅーりょー。

お疲れ様でした〜
posted by yu at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。