2006年05月13日

[Python]制御構造(for編)

前回(if編)は結構簡単にできましたね。

今回は繰り返し構造のfor文をします!

ではでは、はじめちゃいましょう。

ドキュメント(tut.pdf)の19ページです。

さっそくコーディング開始します。

リストの要素と、その長さを順番に表示するプログラムです。
a = ['cat', 'window', 'defenestrate']
for x in a:
    print x, len(x)

raw_input("Please push Enter key to exit")


うあー、C言語とぜんぜん違う書き方。
Pythonにおいて、for文は、
for x in a:

の形で書きます。
aの値を順番にxに入れ、そのxを使って繰り返し処理をする
といったイメージでしょうか?

Cとはまったく感じが違いますが、あんまり難しく考えずに、フィーリングで何とかなります(笑)

ではでは、作成したプログラムを実行してみましょうか。
cat 3
window 6
defenestrate 12
Please push Enter key to exit

と表示されれば、正しいプログラムが作成されています。

以上で、for文は終わり!

次回を乞うご期待!
posted by yu at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17759461
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。