2006年04月24日

Eclipse 3.1

Eclipseとは・・・

オープンソースの統合ソフトウェア開発環境(IDE)の一つ。Java開発者を中心に急速に普及しており、ソフトウェア開発の共通プラットフォームの標準になると予想されている。
IBM社が1999年から進めていた開発ツール研究プロジェクトの研究成果をソフトウェアの形にしたもので、2001年11月にオープンソース化され、誰でも無償で入手・改変・再配布できるようになった。
Eclipseは単なる開発ツールではなく、開発ツールの「共通プラットフォーム」と呼ばれる。これは、機能をプラグインの形であとから自由に追加できるためで、UML関連ツールやテストツール、各種のプログラミング言語などが用意されている。その数は数百種類に及ぶ。
 大手ソフトウェアベンダーの中には、自社の開発ツール製品にEclipseを組み込み、Eclipseに追加する形で自社独自部分を提供するという形の製品をリリースするところも現れている。
[IT用語辞典e-wordsより引用]


要するに、プラグインで機能を強化できる統合開発環境なのです。

これからは、コレを使って、Javaの勉強だ!

<参考URL>
  • EclipseWiki: Eclipseのいろいろなことが紹介されています。インストールの説明なども、ココを参考に☆
posted by yu at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発ツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17497017
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。