2006年05月05日

[Python]Pythonを電卓として使う (文字列編 その2)

前回([Python]Pythonを電卓として使う (文字列編))に引き続き、今回も、文字列を扱うところをやりまーす。

ドキュメント(tut.pdf)の11ページです。

>>> word = 'Hello'+'World'
>>> word
'HelloWorld'

文字列の連結!!
+を使うことで、文字列を連結させることができるのか。


>>> word*3
'HelloWorldHelloWorldHelloWorld'

文字列の反復!!
*を使えば、文字列の繰り返しができるのね。


>>> 'Hello' 'World'
'HelloWorld'

このような表記もできるのね。
互いに隣り合った二つの文字列リテラルは自動的に連結されます。」ってやつやな。


>>> 'Hello'.strip() + 'World'
'HelloWorld'

.strip()ってなんじゃぃ。


>>> 'Hello'.strip() 'World'
SyntaxError: invalid syntax

あぅ、これやとエラーがでる!

.strip()やと、文字列リテラルじゃなくなるのか。


>>> word = ' Hello '
>>> word.strip()
'Hello'

.strip()は前後の空白を取り除いてくれるらしい。


>>> word.strip() + 'World'
'HelloWorld'
>>> word.strip() 'World'
SyntaxError: invalid syntax

これなら、さっきのが何でアカンかったんかがわかりやすい気がする!
wordってのは、文字列リテラルじゃないしね。変数ですから。


ふむふむ。今日もちょこっとだけ勉強したぞ!
posted by yu at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。