2006年05月03日

[Python]Pythonを電卓として使う (数編)

Pythonのページからダウンロードできる和訳ドキュメントを読みながら、Pythonの勉強をしよう!

第1回は、「Pythonを電卓として使う(その1 数)」ってことで、やってみましょー。

参考ページは、ドキュメント(tut.pdf)の7ページです。

ではではPythonのお勉強スタート!

よし、Pythonを起動!

対話形式で電卓として使うぞー

>>> 2+2 #ここはコメント
4

コメントは#から始めるのね。PerlとかRubyといっしょか。


>>> width = 20
>>> height = 20
>>> width*height
400

ほうほう、変数に値を格納しとくこともできるんか。ふむふむ。


>>> x = 1+2j
>>> x.real
1.0
>>> x.imag
2.0

うわ、複素数の計算とかできんか!!
  • 虚数部にはjをつける
  • 実部はreal
  • 虚数はimag
って具合なのか。
ふむふむ・・・。


>>> tax = 5.0/100
>>> price = 100
>>> price * tax
5.0
>>> price + _
105.0

おー、これは便利。
対話形式において、最後に計算した値は_って変数に格納されるのか。

浮動小数点の計算もしっかりできてるや〜ん。

よし、Pythonを電卓として使えた!!
posted by yu at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17371571
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。