2006年04月22日

ApacheとTomcatを連携する

前々回前回と、ApacheとTomcatをインストールしましたが、今回は、それらを連携させます。

Tomcatのみでも、HTTPサーバの機能があるのですが、今回はApacheと連携させてみたいと思います。

連携させる利点は、
  • 動的なコンテンツ処理はTomcatで処理し、HTML など静的コンテンツはApacheでというような分担処理ができる。
  • Tomcat ではできない細かなセキュリティー対策やアクセス制限が Apache 側でできる。

  • Apache に複数台の Tomcat を接続して負荷分散をすることもできる。
といったものがあります。

ではでは、さっそく連携してみましょー。

連携させるには、mod_jk2というものを使います。

では、さっそく、手順を説明します。

@まずは、mod_jk2を入手するところからはじめます。
http://sunsite.tus.ac.jp/pub/apache/tomcat/tomcat-connectors/jk2/binaries/win32/よりjakarta-tomcat-connectors-jk2.0.4-win32-apache2.0.49.zipをダウンロードしてきます。

Aダウンロードしてきたものを解凍します。

B解凍した中に、mod_jk2が入ってるので、これを、Apache2以下のmodulesにコピーします。

C設定ファイルworkers2.propertiesを作成します。
Apache2下のconf/にworkers2.propertiesという名前のファイルを作成します。
ファイルを開いて、
[status:]
[uri:/jkstatus/*]
group=status:
[shm:]
disabled=1
[channel.socket:]
[ajp13:]
[uri:/servlets-examples/*]

と書いて保存してください。

D設定ファイルhttpd.confを書き換えます。
httpd.confはApache2下のconf/ にあります。

LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so

<IfModule mod_jk2.c>
#-----------------------------------------------
# Where to find the workers2.properties file
#-----------------------------------------------
#
#JkSet config.file /usr/local/etc/apache2/workers2.properties
JkSet config.file "C:/Apache2/conf/workers2.properties"
</IfModule>

を追記しておいてください。

JkSet config.file "C:/Apache2/conf/workers2.properties"の部分には、workers2.propertiesのある場所に書き換えてあげてください。

E連携できたか確認します。
ブラウザから、http://localhost/jkstatus/ にアクセスしてみてください。

連携がうまくできていたら、下のような画面が表示されます。

cyote01.JPG

以上がApacheとTomcatの連携の手順です。
お疲れ様です!

次回は(まだ続くんかぃ!)、データベースサーバのMySQLをインストール!!

乞うご期待!!!!
posted by yu at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発ツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17086654
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。