2006年04月21日

Tomcat 5

Tomcatとは・・・

Jakartaプロジェクトのサブプロジェクトとして開発されているオープンソースのソフトウェアで、Javaサーブレット・JSPを処理するアプリケーションサーバ。
Tomcatは単独でWebサーバとして動作することも可能だが、ApacheやIISのプラグインと動作できるようになっており、実際にはプラグインとしての利用が主流である。
Tomcatは主なUNIX系OSやWindows、Mac OS Xなどで動作する。TomcatはSun Microsystems社からJavaサーブレット・JSPのリファレンス実装として認められたソフトウェアで、利用者も非常に多い。
Apache Software Licenseというライセンスに基づいて公開されており、誰でも自由かつ無償で利用・改変・再配布できる。
[IT用語辞典e-wordsより引用]

要するに、JavaでサーブレットやJSPをするときに必要なんですよ。

ってことで、今回はコレをインストールします。

@インストーラを以下のサイトからダウンロードしてきます。
archive.apache.org:
http://archive.apache.org/dist/jakarta/tomcat-5/v5.5.12/bin/

最新版がapache-tomcat-5.5.12.exeのようなので、それをダウンロードしてきます。

Aインストーラを起動します。
Nextをクリックしてください。
tomcat_install01.JPG

Bライセンスに同意します
I agree をクリックしてください。
tomcat_install02.JPG

Cインストールするコンポーネントを選択します。
好きなものを選んでください。
tomcat_install03.JPG

Dインストールする場所を決定します。
tomcat_install04.JPG

Eユーザ名とパスワードを決めてください
Port番号は8080のままで結構です。
tomcat_install05.JPG

FJavaのJREがインストールされている場所を選択します。
tomcat_install06.JPG

Gインストールが始まります
tomcat_install07.JPG

Hインストール終了!tomcat_install08.JPG

I環境変数の追加。
環境変数にTOMCAT_HOMEを追加します。
JavaをインストールしたときにJAVA_HOMEを追加していない方は、そちらも追加しておいてください。

環境変数の追加の仕方がわからない方は、コチラをどうぞ。

TOMECAT_HOMEの値は、Tomcatをインストールしたフォルダにします。
今の場合、C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5となります。各自の環境に合わせて、値を決めてください。

J最後に、正しくインストールされたか確認します。
Tomcatを起動してください。
そして、http://localhost:8080/ にアクセスしてください。
下のような画面が現れたでしょうか??
tomcat.JPG

これでTomcatのインストール終了です!!
お疲れ様でした!!!

次回は、ApacheとTomcatの連携だ!!!!!
posted by yu at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発ツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17017866
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。